配当政策・配当金

配当政策

当社は持続的な成長を可能とする収益力の強化とグローバル企業としての成長基盤を築き、企業価値の向上に努めてまいります。

株主の皆様への利益還元につきましては、経営の重要課題と位置づけており、将来の企業価値を高める事業戦略のために必要な内部留保を確保しつつ、連結配当性向30%程度を目安とし、連結純資産配当率(DOE)2.5%以上を目標に安定的・継続的な配当を行うことを基本とし、業績、配当性向などを総合的に勘案していきたいと考えております。

当社は、中間配当及び期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本としております。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。なお、当社は9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

配当金

配当金

株式分割

効力発生日 分割比率 分割後の株式数
2016年1月1日 1:4 72,376,400株

※現在の発行済株式総数は73,896,400株です。

自己株式の取得・消却状況

(単位:株)

期首保有
株式数
事業年度
取得株式数
事業年度
処理自己株式数
期末保有
自己株式数
期末発行済株式総数に
対する所有割合(%)
2019年3月期 3,048,638 92 5,800 3,042,930 4.1%
2020年3月期 3,042,930
-
-
3,042,930
4.1%
2021年3月期 3,042,930
80
128,029
2,914,981
3.9%
2022年3月期 2,914,981
-
36,082
2,878,899
3.9%
2023年3月期 2,878,899 - 54,594 2,824,305 3.8%