内装部品

インストルメントパネルINSTRUMENT PANEL

インストルメントパネル

成形後のトリム工程が必要無いNew Trimless(NTS)工法の量産化により、産業廃棄物を無くすことに成功。

インストルメントパネル工法として、パウダースラッシュ表皮材または真空成形表皮材を使用したウレタン注入成形品、射出成形品にソフトフィール塗装から材着色射出成形まで各種工法を保有し開発生産しております。地球環境保全にも積極的に取組み、ウレタン注入インストルメントパネルにおきましては、成形後のトリム工程が必要無いNTS工法の量産化により、産業廃棄物を無くすことに成功いたしました。

技術

成形方法

  1. 汎用射出成形
  2. ウレタン発泡成形
  3. パウダースラッシュ成形
  4. 真空成形
  5. GMT成形

二次加工方法

  1. 振動溶着
  2. ティア加工

加飾方法

  1. 着色材
  2. 塗装
※ 太文字:製品生産技術
ページトップへ戻る