ダイキョーニシカワの歩み

沿革

年月 会社の歩み
2007年4月
  • 西川化成株式会社(吸収合併存続会社)と、ジー・ピー・ダイキョー株式会社(吸収合併消滅会社)及び(旧)ダイキョーニシカワ株式会社(吸収合併消滅会社)の3社が合併
  • 合併と同時にダイキョーニシカワ株式会社に商号変更し、広島県安芸郡坂町に本社移転
  • 広島市安芸区に研究開発部門のR&Dセンターを新設
2007年6月
  • 三重県松阪市に三重工場を新設し、オイルストレーナー量産開始
2007年7月
  • タイの日系自動車メーカー向けに樹脂部品供給のため、DaikyoNishikawa(Thailand)Co., Ltd.(現 連結子会社)を設立
2010年11月
  • 中国の日系自動車メーカー向けに樹脂部品供給のため、大協西川汽車部件(常熟)有限公司(現 連結子会社)を設立
2011年10月
  • 中国の長春万隆大協西川汽車部件有限公司(現 持分法適用関連会社)に資本参加
  • ダイハツ車向けの樹脂部品供給のため、ダイハツ工業株式会社と共同でエイエフティー株式会社(現 連結子会社)を設立
2012年01月
  • 持分法適用関連会社であった南京開陽汽車塑料零部件有限公司を子会社化と同時に、大協西川開陽汽車部件(南京)有限公司(現 連結子会社)に商号変更
2012年02月
  • メキシコの日系自動車メーカー向けに樹脂部品供給のため、DaikyoNishikawa Mexicana, S.A. de C.V.(現 連結子会社)を設立
2012年03月
  • 設計・開発が主な事業であった帝恩(上海)軟件科技有限公司を、自動車部品等の販売を行うなどの事業範囲拡大のため、帝恩汽車部件(上海)有限公司(現 連結子会社)に商号変更
2013年02月
  • インドネシアの日系自動車メーカー向けに樹脂部品供給のため、天馬株式会社と共同でPT.DaikyoNishikawa Tenma Indonesia(現 連結子会社)を設立
2013年10月
  • 生保・損害保険代理業務及び国内工場の環境整備等を目的に、DNCサービス株式会社(現 連結子会社)を設立
2014年03月
  • 東京証券取引所 市場第一部 上場
2015年07月
  • インドネシアの生産子会社PT.DaikyoNishikawa Tenma Indonesia 操業開始
2016年05月
  • 大分工場で樹脂外板部品の組立及び出荷を開始
2017年01月
  • 大協西川開陽汽車部件(南京)有限公司を、大協西川東陽汽車部件(南京)有限公司に商号変更
ページトップへ戻る